のしメモ アプリ開発ブログ

Unityアプリとかロボットとか作ってるときに困ったこととかメモ

Unity

cluster.でLTしてきました

cluster.とは cluster.mucluster.は仮想空間で集まって勉強会や講演会等をするサービスです。 ヘッドマウントディスプレイを被って、家にいながら勉強会にいっているような感覚を味わえます。 ※ ヘッドマウントディスプレイを持っていなくても、通常のアプリ…

GearVRのハードボタンの挙動を制御する

Unity.VRでGearVRのプラットフォームのボタンの挙動を付け足す際のメモ 審査落ちの内容 Unity.VRのまま審査に提出するとこんなメッセージで審査落ちします A “back” action is interpreted by the application dependent on its current state, but generall…

GearVRの申請ビルドのチェック

公式でビルドのチェックツールがあるので、apkをアップする前にチェックして確認できます。 ちなみに自分の環境はUnity5.3のUnity.VRを使用したアプリのチェックになります。 この辺は色々と変わってくると思うので、3/5時点での状態の話なのでご注意くださ…

ObjectPool.csが便利

VR Samplesに入っているObjectPoolが汎用的で便利なのでメモ ObjectPoolとは、任意のPrefabを大量に生成、破棄をする際に、Instantiate&Destroyの数を最小限に抑える仕組み。 File AssetStore https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/51519 Asset…

Enable Android Banner

AndroidのPlayerSettingにある、Enable Android Bannerってなんだろうと思い調べてみた Android TV用のアイコンで、Android TV対応しないなら設定しなくてもいいとのこと。 UI Patterns for TV | Android Developers参考 Player Settings -> Icon -> E…

Unity再生時にエラーで落ちる件を調べていたら便利なスクリプト見つけた

エラー内容 Unityで実行すると下記のようなエラーが発生し、Unityが終了してしまう問題に出くわしました。 The file 'MemoryStream' is corrupted! Remove it and launch unity again! 解決方法 調べてみるとファイルの参照が外れているのが問題みたいで、下…

Textureをスクリプトから編集してみる

Unity Advent Calendar 15日目の記事です処理の流れとしてはこんな感じのを作ります 現在のテクスチャ(元絵)を読み取り →書き換え用テクスチャ作成 →テクスチャを反映 1. 元絵を編集できるように設定する まずはスクリプトからテクスチャを編集、取得できる…

Live2Dで動く塗り絵を作ってみた

Live2D Advent Calendar 8日目の記事です! 作っているもの プロジェクト「FUKUWARAI」です 動画で見るとわかりやすいですので、よかったら見てください 内容 コンセプトは「アナログで描いた絵が動く」です。 塗り絵した絵がLive2Dで動くみたいなアプリケー…

ImageEffectsをスクリプトで操作する

StandardAssetからダウンロードしてきたImageEffectsのスクリプトをGetComponentする方法UnityStandardAssets.ImageEffectをuseします using UnityStandardAssets.ImageEffects; BloomやBloomAndFlaresやImageEffectsやらをスクリプトから呼べるようになりま…

THETA Sでカメラ撮影して画像をUnityで表示させる

THETA Sついに発売されましたねPTPからHTTP通信になったので、かなり触りやすいですね。 さっそくWifiでのライブストリーミングを使ってみましたvine.coライブストリーミングの処理はごちゃっとしているので、今回は撮影に絞って紹介します。THETA v2 APIリ…

OVRPlugin.bundle, errorがでた件

VRの設定で下記のエラーがでた。 Couldn't open /Applications/Unity/Unity.app/Contents/VR/macosx64/OVRPlugin.bundle, error: dlopen(/Applications/Unity/Unity.app/Contents/VR/macosx64/OVRPlugin.bundle, 2): Library not loaded: @rpath/LibOVRRT_0.…

ユニトークをリリースしました

iOSでユニトークをリリースしました! Live2D x Unity x DocomoAPIを使用したアプリです。 WebAPIなので、プラグインとかも書かずに実装できるのが楽ですね〜 関西弁なのも、なんかパラメータ変えるだけ。DocomoAPI便利先日、Live2D Creative Awardで受賞し…

GoogleCardboardSDK対応でやることメモ

先日、Google Cardboard SDKのハンズオンに行ってきたので自分用にメモ GoogleCardboardSDK For UnityのiOS対応 1.Cardboard対応したいアプリにSDKいれる SDKダウンロード googlesamples/cardboard-unity · GitHubCardboardSDKForUnity.unitypackageをインポ…

【Xcode】BitCodeのエラーメモ

Xcode7更新して、Unityプロジェクトのビルド時に下記のエラーがでたので対処法メモ。 エラー ld: '/Users/noshipu/Documents/UnityProject/OneWare/Xcode/Libraries/libiPhone-lib.a(LibEntryPoint.o)' does not contain bitcode. You must rebuild it with …

【小ネタ】Live2Dの描画処理を軽くする

Live2D(UnitySDK版)はOnRenderObject( )を使ってモデルの描画していますが、 このOnRenderObject()はScene上にカメラが複数台あるとその分処理が実行されてしまいます。 Model数 x カメラ数でCPU負荷が結構かかります。Culling Mask等の設定をしていても、UI…

SPAJAM2015で最優秀賞とりました!

SPAJAM本戦でWorldPortalという 「THETAを使ったどこでもドア的なアプリ」で最優秀賞を頂きました! クライアントはUnityで作成し、サーバーサイドはPHPです。THETAを使ったアプリ開発のお話、お待ちしてます!!ちなみに賞品は ・シリコンバレーツアー ・コ…

Unityイノベーティブ賞いただきました

Live2D Awardに応募していたUniTalkがなんとUnityイノベーティブ特別賞を頂きました! http://www.live2d.com/award2015_entry_listalive2015に残念ながら参加できなかったのですが、これからもLive2Dを使ったアプリを作っていきたいと思います〜 Euclidを早…

THETAモバイルアプリの開発メモ(Apple審査とか)

THETAを使ったサービスをリリースしました http://timetraveleru.appspot.com/ THETAをUnityアプリ「タイムトラベレル」をリリースしました。 ゲーム以外のアプリは初ですね。 THETAとは THETAは360度撮影できるカメラになります。去年末ぐらいのモデルから…

alive 2015で出展します!

Live2Dさんの大型イベントのalive 2015で出展することになりました! http://www.live2d.com/alive2015_expo 自分のとこはLive2DのUnityアプリを展示予定です。 他にも等身大タッチパネルに自分のキャラを表示できる展示とかもあるみたいで楽しみです。別件…

Live2DのユニティちゃんモデルをUnityで表示するまで

ちょっとユニティちゃんをUnityで表示するまで、ちょっと手間がかかったのでメモ下記リンクの「Live2D Award 2015」から配布されているユニティちゃんデータです。 http://www.live2d.com/award2015

CardboardSDKのUnity版をiOS(64bit)で試してみた

Durovis DiveのSDKがiOSのiL2CPPでビルドすると、エラーを吐くようになっていて困った(多分64bit対応していない) そこにGoogleCardboardのiOS対応されたコードが公開されていたのを見つけたので試してみた。

全天球のテクスチャを反転させる

theta等で撮影した全天球の画像を裏から見るため、テクスチャが左右反転したように見えてしまいます。 なので、それを通常の見え方と同じようにする対処方法です。

RICOH THETA SDKをUnityから呼べるプラグインかいた

ThetaのSDKは公開されているけど、Unityから呼ぶプラグインが探した感じ、 見つからなかったので、がんばって作ってみました https://github.com/noshipu/theta-unity-plugin サンプルアプリ こんな感じで3つのボタンが置いてあって・・・ 撮影するとPlane…

Unity5でGameObjectのプロパティ整理されたみたい

以下エラーがでる場合はプロパティが参照できないときみたい Only assignment, call, increment, decrement, and new object expressions can be used as a statementGameObjectの以下のプロパティが消えたらしい コピペで持ってきたコードとかひっかかりそ…

Unity初心者向け勉強会開催

5月にUnity初心者向けの勉強会を開催します!【超初心者向け】Unityで簡単なゲームを作ってみよう : ATND参加者少なめでハンズオンです。 Unity触りたくても踏み出せてない人や、よくわからなかった人の後押しをします! あと、Blender->Unityの使い方も学べ…

Unityでビルドした時の例外処理の設定

Unityでビルドした際に、Objective-Cで例外処理(@try, @throw)を使っていると下記のようなエラーがでる cannot use '@throw' with objective-c exceptions disabled ◆対処方法 [Build Settings]->[Apple LLVM 6.0 - Language - Objective C]->[Enable Object…

Unity5でRender Settingsが消えたらしい

Unityで[Render Settings]から、fogやら影の色やら設定してお洒落な感じに設定できていたのがUnity5になって場所が移動したとのこと "Edit>Scene render setting" menu missing in unity 5Unity4まで [Edit]->[Render Settings]Unity5から [Window]->[Lighti…

Live2Dのユーザーチュートリアルを書きました

Live2Dのユーザーチュートリアルを執筆しました! Live2Dでドラゴンを動かす - Live2D Cubism 2.0 マニュアルLive2Dは美少女キャラで使われることが多いので、そういうものだと思われがち(たしかに美少女キャラに特化した機能が多い)ですが、 Live2Dは個人な…

【Unity】iOSの64bit対応についてまとめ

Appleの規約で2015年2月1日以降にアップロードされるiOSアプリに関しては、 64bit対応必須ということで、情報をちょっとまとめました。 ◆ 対応必要かどうか表 状況 対応 リリース済みアプリ 対応不要 リリース済みアプリのアップデート 対応不要(6/1以降は必…

ショートカットキー拡張で楽々シーン遷移

UnityのEditor拡張を使って、シーン遷移を紹介します普通、シーン遷移する際はProjectウィンドウからシーン名を検索して シーン遷移していると思いますが、ショートカットキーにシーン遷移を割り振ることで、 かなり効率アップする…はず?