読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のしメモ アプリ開発ブログ

Unityアプリとかロボットとか作ってるときに困ったこととかメモ

AssetStoreでモデルを販売してみた

AssetStoreにて、
ローポリのクリスマスグッズのモデルを販売開始しました!

Poly Chrismas Pack
f:id:noshipu:20141031003349p:plain

AssetStoreリンク
https://www.assetstore.unity3d.com/en/#!/content/24164

販売までの手順を簡潔にかきます

簡単なまとめ

1. AssetStoreに出品したいモノを作る
※readme.txt的なものを入れておく

2. AssetStorePublisherのアカウント作成
https://publisher.assetstore.unity3d.com

3. AssetStoreのunitypackageダウンロード

4. Unityから商品情報入力(英語)
・商品名
・詳細
・アイコン各種(テンプレートのPSDがダウンロードできるのでそれ使うのおすすめ)
・スクショ(サイズばらばらでおk)

5. Unityから申請ぽちる

だしてみた感想

ほとんどUnityで完結して簡単でした。

あと、このうさぎのAssetStoreToolのアイコンが気になった・・
f:id:noshipu:20141031004615p:plain

参考リンク

詳しい手順は参考にしてやりました。

おまけ 「前回の申請落ち」

ちなみに前回違うモデルで申請したところ
こんな感じで申請落とされました

Thanks very much for your submission to the Asset Store.

We've reviewed the submission and consistent with the criteria considered in our approval process, we have chosen not to publish this asset. However, we greatly appreciate the time and effort spent in preparing your submission.

理由も特になく、定型文で落とされた場合はクオリティ不足だと遠回しに言ってるらしい…
Appleのアプリと違ってクオリティとか他に同じものがないかとかちゃんと見てるみたいですね。