読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のしメモ アプリ開発ブログ

Unityアプリとかロボットとか作ってるときに困ったこととかメモ

THETAモバイルアプリの開発メモ(Apple審査とか)

Unity VR THETA アプリ

THETAを使ったサービスをリリースしました

http://timetraveleru.appspot.com/

THETAをUnityアプリ「タイムトラベレル」をリリースしました。
ゲーム以外のアプリは初ですね。

THETAとは

THETAは360度撮影できるカメラになります。去年末ぐらいのモデルから動画もとれるようになりした。
https://theta360.com/ja/

アプリの内容を一言で言うと

「THETAでPRIVATEなストリートビューを作ってモバイルVRで見れる」みたいな感じかと思います。

THETA Plugin

THETAのUnityプラグイン使って作ってます
https://github.com/noshipu/theta-unity-plugin
コールバックのeventが写真とった時のObject Addだけなので、やれることは結構限られてたりします。。

Apple審査について

アプリ自体、THETAが無いと全然進めないので、審査は心配だったのでした。
そして、1回目に審査に出した時に、以下のメッセージでReject

We began the review of your app but are not able to continue because we need the associated hardware to fully assess your app features.

RICOH THETA

At your earliest convenience, please send the necessary hardware/accessory to the address below.

NOTE: Please include your app name and app ID in the shipment; failure to provide this information can delay the review process.
...

内容は、THETAをAppleに送ってくれないと審査できないよ〜みたいな内容でした。

ここで絶望して、THETAの公式フォーラムにどうすればいいか聞いてみたところ、
特殊なハードウェアを使う場合はデモムービーを送れば、
端末を送らなくてもなんとかなりそうとのことでしたので、
実際に10分程度の動画を撮影して送ってみたら、2日程で審査が通りました。

経緯はこのスレッド見てもらうとよくわかります。
助言を頂き助かりましたmm
iOSの審査について | RICOH THETA Developers

ティザーサイトも作ってみた

ティザーサイト構成

バックエンド GoogleAppEngine
言語 Go
フロント Bootstrap

初のGo言語使ってみましたが、
ほとんどStaticファイルなので、結局Go部分は全然触ってないです。
フロントはBootstrapでページは1枚だけなので、とりあえずさくっと作った感。
まだcssでおかしいところあるので、直さなくては・・・

まだまだデザインも粗くて、どんなアプリなのかいまいち伝えられてない感じがあるので、もうちょっとシンプルでわかりやすくしていきたいですね。

Andorid版もPluginからですが、開発中です!