読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のしメモ アプリ開発ブログ

Unityアプリとかロボットとか作ってるときに困ったこととかメモ

GoogleCardboardSDK対応でやることメモ

Unity GoogleCardBoard VR iOS

先日、Google Cardboard SDKのハンズオンに行ってきたので自分用にメモ

GoogleCardboardSDK For UnityのiOS対応

1.Cardboard対応したいアプリにSDKいれる

SDKダウンロード
googlesamples/cardboard-unity · GitHub

CardboardSDKForUnity.unitypackageをインポート

2.Cardboard用のカメラに変更

CardboardMainのカメラプレハブを配置

or

コンポーネント付与
[Component]->[Cardboard]->[Update Stereo Cameras]
※Editorのメニューに追加されていない場合はUnity再起動とかで直るかも

3.入力対応

真ん中視点+磁石の操作受け取りを追加するには、
EventSystemにGaze Input Moduleのコンポーネントを付与してあげると磁石操作が使えます。

4.iOS対応

下記処理を行う。Unityのバージョンによってやることが違うので注意
iOS 用 Unity のスタート ガイド
https://developers.google.com/cardboard/unity/get-started-ios#unity

5.動作確認
動いた!


参考
Cardboard SDK for Unity  |  Cardboard  |  Google Developers

ユニティちゃんライセンス