読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のしメモ アプリ開発ブログ

Unityアプリとかロボットとか作ってるときに困ったこととかメモ

Cross Platform Native PluginsのAndroidプラグインをいじる

Unity Android AssetStore

Cross Platform Native Pluginsという有料アセットのAndroidプラグインを修正する方法のメモ
有料アセットかつ、いじることそんなにないと思うので、かなり限定的なメモ書き(2016/09/06現在)

Cross Platform Native Pluginsとは


https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/31086

このAssetでiOS/Androidのネイティブ処理が色々できますよ〜というアセット。
基本的には特にいじらずに使えるのだが、Androidで一部ネイティブ側を修正する必要がでてきてしまい、色々やってみたのでメモ

反映するまでの手順

1. zipファイルをとってくる

ImportしたAssetの以下の階層にzipファイルがあるのでそれを任意の場所に展開。
"Assets/Plugins/Android/native_plugins_lib/Cross-Platform-Native-Plugins_Android_Studio_Project.zip"

2. 対象を修正

AndroidStudioで開き、対象のファイルを修正する。

3. NativePluginsをビルド

NativePluginsをビルドして、
"NativePlugins/build/bundles/debug/classes.jar"
がビルドされていることを確認。

4. classes.jarをリネーム

classes.jarをUnityの"Assets/Plugins/Android/native_plugins_lib/libs"に配置。
classes.jarを、NativePlugins.jarにリネームする。

5. シェルを実行する

コマンドラインで先ほどの階層に移動
"Assets/Plugins/Android/native_plugins_lib/libs"

シェルに権限を与える

chmod 755 SplitJar.command

シェル実行

./SplitJar.command

6. ファイルが変更される

これでビルドすれば修正が反映される!